ウェブライターとして暮らしていくということ

PR|ブログ運営に必要な記事の外注|

世の中にはさまざまな職業がありますが、特に最近ではネットを活躍の舞台とした仕事が大人気です。
私もウェブライターの仕事をしている経験上、そういったブログで収入を得ることを目標としている人に何かアドバイスが出来ればと思い、私が体験したことを書くに至りました。

・ウェブライターへの入り口

まずライターのお仕事にはどうやって就けばいいのか、どのようにして仕事を受注するのかということについては、私もこの仕事を目指そうと思っていたころ、同じような疑問を持っていました。
ライターと言うと出版社や新聞社で記事を書くというのが一般のイメージですが、ウェブライターのお仕事を始めるにあたり、私はまず最初にクラウドソーシングサイトに登録してお仕事を請け負うことから始めたのです。
クラウドソーシングで少しずつ簡単な記事作成をこなしながら、スキルとノウハウを磨き、最初はタスク作業を繰り返し、だんだんとより高単価の仕事を得ることが出来るようになりました。

・自分だけの記事を書く

私が今までブログ記事を作成し続けて確信したことは、ライティングの仕事で最も大切な部分がオリジナリティにあるという結論でした。
この仕事に就きたての頃は、質より量が重視される傾向にあったのですが、今の時代はしっかりとした内容のコンテンツを作成することが重要になってきたと、自身の経験で実感しています。
ネットの情報を参考することも確かに意味のあることですが、やはり自分の眼で直接見て耳で聞き、肌で感じたことこそが、唯一無二の自分だけのブログ記事を完成させるのです。
特にネタ探しや資料集めに関しては重要なポイントで、記事作成の作業の割合の大半の労力をこの部分に注ぎ込んでいます。
実際に自分が体験したことはネットにはない情報として価値があり、ウェブライターとしての大きな武器になります。
ネタ探しと言っても何も大掛かりな事に限らず、日常のちょっとした些細な出来事もネタの宝庫です。
記事のネタというものはどこにでも転がっていて、どんなに些細な事でも仕事の肥しにすることを心がけるようにしています。

PR|家計見直しクラブ|童話|マッサージのリアル口コミ.com|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|ショッピングカート|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|お小遣いNET|