第二言語を学んだら検定をとろう!

大学では第二言語が必須になっているところも多いと思いますが、それを一通り習ったら、その後すぐにその語学の検定をとることをオススメします。

大学生は新卒で就職活動をするとなると、資格欄には何かしら書いておきたいものです。そこで、大学で習ったことで資格や検定が取れるとすれば、第二言語なのです。言語は使わないとどんどん忘れていってしまうことから、その言語の単位が取れ次第すぐに検定を受ければ忘れる間もなく合格できるわけです。

例えば、大学2年生まで第二言語が必須だとしたら、3年生になるあたりで一度検定を受けます。忙しくても、学校のテスト勉強をしていたならそれがそのまま検定にも活かされます。よって、検定のためにわざわざ勉強する必要がないのです。比較的時間をかけず、そこそこの級をとることができるのはお得だと思います。一応は英会話3級を目安にして、それ以上なら履歴書にも書けるレベルと言えるでしょう。せっかく勉強したのなら、その証拠を残しておきたいですよね。